FC2ブログ
■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
安倍政権の支持率が急落しないのはなぜであろうか
(カテゴリー: 民主主義

「これほどのこと」が起きても
安倍政権の支持率が急落しないのはなぜであろうか

「重要な公文書を廃棄し」「後になって書き換える」などの重大事態を引き起こしても、
 安倍政権の支持率が急落しないのは、なぜであろうか。

① ニュース原稿を政治部記者が書き直して安倍政権を一切批
判しないNHKのニュース
②「日本会議」系の安倍政権を支える発行部数最大のY新聞
③ 歴史的事実を教科書から抹消して「知らない」若者を量産
 した「安倍首相直属の教育再生会議」が、安倍政権を支え
  ているからであろう。

 だがそれよりも、何があっても結局は安倍を支える「公
 明」が存在するからであろう。

「公明」は
① アメリカの戦争に参戦するための集団自衛権のときも、 
② 取材禁止(取材に来るな)の秘密保護法のときも
③ 森友問題の公文書改竄のときも
④ 今回の「サクラを見る会」の安倍疑惑を隠すため、安部首
  相を「一問一答の場」出させないために「会期延長」
  を拒否するときも、いつも結局は「安倍自民に手を貸
  す」のが「公明」である。

 つまりは、
 安倍政権の支持率が急落しない一番は「公明」ではなかろ
 うか。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック