FC2ブログ
■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
札幌市議会九時間空転の真相 (2019年5月13日)
(カテゴリー: 自治体学理論
  札幌市議会九時間空転の真相

 2019年5月13日、札幌市議会本会議が「議長選出を巡って9時間空転した」とのニュース報道がなされた。
5月14日のANNニュースは、この混乱は(多数議員の慣例による議長選出方式)と(松浦臨時議長の立候補による選出方式)との対立であると解説して報道した。
 この解説報道は「何が真の論点なのか」を正当に伝えていない。
 議長の提案は本会議場での「正規な提案」である。
他方の「多数議員の動議案」は(二人の議員を除外しての会派代表による約定案)である。しかも(議会の外での約定)である。議長選出方式の正当な対立とは言えない。

「混乱の真相」は、多数議員がなぜ「立候補方式による選出方式」を「嫌がったのか」である。

[本会議空転の真相を: http://jichitaigaku.blog75.fc2.com/ に掲載したのでご覧下されば幸甚です]
 そして下記の「本会議録画映像」をぜひご覧頂きたい。
 http://www.sapporo-city.stream.jfit.co.jp/…

1 問題は、多数議員はなぜ「立候補による議長選出方式」を嫌がったのか。なぜ臨時議長の立候補方式の提案に賛同しないのかである。賛同しても結果は「会派の約定」どおりになったのではあるまいか。それを(議場を退場してでも「立候補方式での議長選出」を嫌がったのはなぜであるか。
   
 これが「九時間空転の真相」である。

・当日議会を傍聴された市民の方々に「なぜ立候補方式を嫌
 がるのか」を考えて頂きたい。
・テレビ・新聞の記者の方々は真相を洞察して報道して頂き
 たい。
  
2、本会議空転の原因(責任)は、
(立候補方式を提案した松浦議長にある)のではなく、
(手招きし合って退席した多数議員にある)のではあるまいか。 前記の(札幌市議会公開映像)をご覧頂きたい。
(自民会派内で内定している議員が立候補すれば)臨時議会は短時間に終了したのである。臨時議会は空転しなかったのである。

 5月15日のテレビニュースは、札幌市議会の各会派が松浦議員の懲罰動議を提出したと報道した。
 (懲罰云々を言うのならば)、本会議進行中に(濫りに)退場した多数議員こそが(咎められること)ではあるまいか。明白な議会規則違反行為であるのだから。

そしてさらに
・慣例と称する「会派交渉会」の約定(取り決め)は、選挙前の前任任期の議員による約定である。そしてその「会派交渉会」には松浦議員と石川議員は除外されているのである。
 交渉会を仕切っている飯島議員に、松浦議員が「私も加わった場での約定ならば従いますが、そうでないのだから、法律どおりに臨時議会を運びますよ)と本会議前に言ってあったとのことである。

 多数議員が声高に唱える「慣例」は「会派交渉会の約定」である。すなわち
  多数第一会派が 議長を
    第二会派が 副議長を
    第三会派  監査委員
    第四会派  監査委員 である。
ところで、
 公明も共産も議員10名の同数であるから
 (慣例では)監査委員は公明と共産である。
  ところが (市長が多数会派と協議し忖度して)
  監査委員は公明と自民に定まった。
  (議会慣例とは所詮はこのようなものである)

 そもそも会派とは何か。
会派とは「議会の役職を(獲得)する」ための集まりである。
 (政策研鑽のため)は空虚な美辞である。実態は(密室取引をするボス議員)が「会派決定の名目で議員の評決権」を拘束する集まりである。
 「会派の弊害」を「ブログ・自治体学」に近日掲載する。

3 議会不信ー前例・慣例の見直し
今日、国会も地方議会も「議会不信」が広がり、「代表民主制の危機」と言われている。「議会改革の勘所」は「慣例踏襲の見直し」である。
 であるから、新人議員だけでなく古参議員さえも (選挙のときには)「議会改革」を唱える。市民は「議会は何をやっているのか」と「議会不信」を嘆息するが 嘆くのでなく「慣例踏襲の真相」を見抜く思考力を高めなくてはならぬ。

この世は今、(議員多数ならば) [何でも押し通せる] ご時勢である。
安倍晋三は祖父岸信介の墓前に「憲法は改めました」と報告を捧げる事態にあり、有権者の多数がこれを支持し、メディアの人々は政権に靡き自粛抑制し、NHK内部の人事は(かつての会長を超える安倍政権よりの人物)になり、官僚は「記憶にありません」で世渡りする。見識と気骨ある議員は国会にも自治体にも見当たらず、行政職員の委縮が広がっている。かつての自治体学会設立時の活気が乏しいのではあるまいか。
 
(1)多数議員が「立候補方式」を嫌がったのはなぜか
(なぜ嫌がるのか)
(2)そもそも議会会派とは何か、会派の弊害は何か、を
  筆者ブログ「: http://jichitaigaku.blog75.fc2.com/」に近日掲載する。
 
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック