FC2ブログ
■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
札幌「市民の風」の方々へ
(カテゴリー: 政策提言
  「市民の風」の方々へ

今日の危機的な政治情勢で自民公明からの支持をも受け入れる(支持を得ようとする)候補者を信頼できるであろうか。(秋元から要請したのではなかった)で(それならばよい)の問題ではない。
かつて、
 東京電力労組の(会社利益・自己利益)の要求で東京都知事選挙で民主党は 「原発再稼働反対」を掲げない舛添候補を支持し支援した。
「市民の風」の方々は、「立憲、国民、社民、市民ネットが秋元を支持したから」ではなくて、自由で自立した市民運動ならば「相乗り」を問題視するべきではないのか。そしてまた、立憲、国民、社民、市民ネットの方々は(目先の自己利益でなくて)、なぜ渡辺候補の統一支援の輪の広がりに向かわなかったのか。

  今重要なのは(将来をも見据えて)の反(自民・公明)の連帯行動を重視することであろう。
 「運動内部の対立拡大を防ぐために」の言辞は (為すべきを為さずして)の遁辞(逃げ向上)に見える。 上田代表世話人は(現に)秋元選挙応援に顔を出している。「上田個人の行動だ」と言い張っても「市民の風」の行動として世間には拡がる。
 上田氏は、真剣マジメに(安倍晋三の邪悪魂胆を阻止する人)に見えない。かくして、市民運動も(相乗り政党と同じ程度の)「所詮そんなもの」になる。
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック