FC2ブログ
■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
 札幌「市民の風」の方々にお訊ねしたい。
(カテゴリー: 政策提言
 札幌「市民の風」の方々にお訊ねしたい。

 国会では「自民・公明」の多数議席の横暴が続いており、安倍晋三は東アジアの緊張を高める言動を意図的にくり返している。それは、祖父岸信介の墓前に「憲法改変をやり遂げました」 の報告を捧げるための言動である。
 
 安倍晋三の邪悪な意図を阻止しなくてはならない。
 「戦争をしない平和な日本」つくらなくてはならない。
 それには
参議院選挙の前哨戦だと言われている北海道知事と札幌市長の選挙はとても重要です。自民・公明に対決する勢力の結集が必要です。

 沖縄の方々は
  暴力装置そのものと化した日本政府による辺野古新基地建設強行への緊迫した危機感のもと本土の市民運動を見つめています。
 ところが、
  札幌「市民の風」は (道知事選挙では政治勢力の結集に参加したが) 札幌市長選挙は「自民公明が支持する(現職市長)の候補者」に(相乗り)して、反(自民・公明)の勢力結集を避けた。 何故であろうか。
私の友人の説明では
  「市民の風」の主だった方々は代表世話人である上田氏の(現職市長との親密関係を続けたい)の意向を「忖度して反対できないからだ」とのことです。
 これが真実ならば、まことに奇怪であり 自由公正な市民運動と言い得ない。
 「市民の風」と呼称することも辻褄が合わないと思う。
        
   
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック