FC2ブログ
■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
2018・北海道自治体学土曜講座
(カテゴリー: 自治体学会の設立経緯
 北海道自治体学土曜講座(最終講座)

1995年から通算21年をかけて土曜講座がめざしたのは、受講者それ ぞれが「自分の見解を持つ」ことである。その根底に流れているのは、 市民が主体となって社会を管理する「市民自治」であり、それを提唱し た松下理論(=自治体理論)であった。  土曜講座の集大成となる最終回は、参加者自らが未来を切り拓く術を 得られるよう「松下理論の今日的意義」を再考・再確認する場にしたい。 松下理論(自治体理論)を習得し実践することで、中央従属の惰性思考 から脱却していこう。  ついに幕を閉じる土曜講座、ぜひ多くの方々に参加していただきたい。
 この最終講座を、自治体理論を提起され続けた松下圭一先生に捧げる。

主題 松下圭一先生追悼『松下理論の今日的意義』

1.講 義  
  「松下圭一 日本を変える」  大塚信一(元・岩波書店社長)
  「シビルミニマム論と市民参加・職員参加論」
                     西尾 勝(東京大学名誉教授)
  「松下理論の骨格」       森  啓(自治体政策研究所)

2.鼎 談 論 議    「松下理論の今日的意義」  
   大塚信一、西尾 勝、森 啓(司会)

■ 日 時
  10月 13日(土)  13:00 ~ 17:30
■ 参 加 費  無料/申込不要
■ 問い合わせ先   北海道自治体学土曜講座実行委員会  
   (共同代表:森 啓、内田和浩、宮下裕美子)  
    メール  ukazuhir@econ.hokkai-s-u.ac.jp
    電 話  011-841-1161 内線2737(北海学園大学経済学部 内田和浩)  
■ 会 場  北海学園大学 
    教育会館1階AV4番教室 札幌市豊平区旭町4丁目1-40 ※ 駐車場は利用できません
    地下鉄東豊線「学園前駅」下車 3番出口直結

■ 主 催:北海道自治体学土曜講座実行委員会
  共 催:自治体政策研究所/後 援:北海道自治体学会

詳細は下記をご覧ください。
https://drive.google.com/file/d/1Cl2j1iEiNu5lgSWY7uKX__OqTD03LQ5u/view?usp=sharing
スポンサーサイト



コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック