■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
スポンサーサイト
(カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
オバマ大統領の迎え方
(カテゴリー: 自治体学会の設立経緯
塩野七生さんの「オバマ大統領の迎え方」に賛成
 
「静かに無言で大統領を迎え、静かに無言で送り出す」
「謝罪を求める声」も、「星条旗の小旗をふる歓声」も無い
もし私が日本の新聞の編集者だったら
『無言で立ち尽くす米国大統領オバマ』の写真一枚だけ
「頭を下げる姿の大統領は(もし、そうしたとしても) 絶対に載せない。
 それが日本の品位を高めます

         (朝日新聞(2016-5-25)16頁・インタビュー)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。