■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
福島みずほ議員は貴重な本物の国会議員である。
(カテゴリー: 自治体学会の設立経緯
 貴重な本物の国会議員
昨夕(2016-5-15) 札幌駅前で
福島みずほ(参議院議員)の街頭演説を聴いた。
現在日本が直面している政治課題を次々と熱情こめて語った。
心に響く演説であった。
福島議員は数少ない本物の国会議員である。
「積極的平和主義」は「積極的戦争主義」であると
国会質疑で安倍普三の正体を見破ったのも福島議員であった。
国会議員の知性と倫理が低下しているなかで福島議員は貴重な存在である。
環境・人権・女性・平和の四本柱政策を掲げて全国を巡っている。
 http://www.mizuhoto.org/ 参照
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック