■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
松下圭一先生を偲ぶ会 9月27、札幌市
(カテゴリー: 追悼
 松下圭一先生をしのぶ会
松下先生は、北海道自治体学会、地方自治土曜講座、北海道地方自治研究所の研究学習の場に何度も来道してくださいました。
 松下先生を偲ぶ会を下記のとおり開催します。

 1 日時2015年9月27日(日) 午後1時~3時
 2 会場KKRホテル札幌5階丹頂の間
  札幌市中央区北4条西5丁目℡011-231-6711
 3 会費 6,000円(松下圭一『私の仕事―著述目録』含)
 4 申込先 北海道地方自治研究所の辻道(つじみち)
 メール mtsujimi@jichiro-hokkaido.gr.jp
 ファクス 地方自治研究所fax011-747-4667
9月18日(金)までにご連絡をお願いします。

(発起人代表)川村喜芳、神原勝、山内亮史、森 啓、
(発起人) 今川かおる、片山健也、桑原隆太郎、小林生吉
       小山裕、嶋田浩彦、辻道雅宣、渡辺克生
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック