■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
スポンサーサイト
(カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015-北海道自治体学土曜講座
(カテゴリー: 北海道自治土曜講座
  2015-北海道自治体学土曜講座

第1回 6月6日(土)
貧困・格差のないまちを創るために、今、自治体でできることは
 川村 雅則(北海学園大学経済学部教授)
 中囿 桐代(北海学園大学経済学部教授)  
 鈴木 一(札幌地域労組副委員長)
 佐藤 宏和(北海道生活と健康を守る会連合会副会長)

第2回 6月20日(土)
メディアの現状―日本の民主主義
 永田 浩三(元NHK番組ディレクター/武蔵大学教授)
 菅原 淳(北海道新聞編集局解説委員)
 徃住 嘉文(日本ジャーナリスト会議)
 林 炳澤(イムピョンテク・自由学校「遊」共同代表)
 森 啓(北海学園大学開発研究所特別研究員)

第3回 7月25日(土)
NIMBY(迷惑施設)問題は解決できるか?
 押谷 一(酪農学園大学教授)
 片山 健也(ニセコ町長) 
 神沼公三郎(北大名誉教授)
 小坂 直人(北海学園大学開発研究所長・経済学部教授)

第4回 9月12日(土)
自治体議会を考える ~議会・議員の権能・責務とは~
 森 啓(北海学園大学開発研究所特別研究員)
 渡辺 三省(NPO法人公共政策研究所理事) 
 神原 勝(北海道大学名誉教授)
 久保あつこ(旭川市議会議員) 
 菅原 文子(南幌町議会議員) 他(交渉中)

第5回 10月24日(土)
男女平等社会をはばむ「壁」を越えるには 〜女性の視点から〜
 妙木 忍(社会学者/北海道大学留学生センター特任助教) 
 下郷 沙季(札幌学生ユニオン共同代表)
 藤根 美穂(岩見沢市立総合病院小児科医師) 
 中村由美子(北海道女性農業者ネットワーク事務局長)
 宮下裕美子(月形町議会議員)

会 場 北海学園大学34番教室(札幌市豊平区旭町4 丁目1-40)
メール jichi_doyokoza2015@yahoo.co.jp
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。