■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
高橋はるみ北海道知事に「辞任を求める連名署名」の提出
(カテゴリー: 原発災害と自治体政策
 高橋はるみ北海道知事に「辞任を求める連名署名」の提出

「高橋はるみ知事に原子力ムラから住民票を移してもらい隊」の人達が、
「知事辞任を求める連名署名」と「署名書提出に伴う要望書」を、
 2013年3月29日14時、知事に提出する。

 筆者は下記の趣旨に賛同して当日の「要望書提出」に同席する。

 「高橋はるみ知事に原子力ムラから住民票を移してもらい隊」

 わたしたちは、高橋はるみ北海道知事の、北海道の未来のために全くならない現在の政策を改めていただくため、辞任もしくは政策転換をもとめる署名収集活動をしている市民団体です。これは法的効力のある正式なリコールではありませんが、原子力発電推進、災害ガレキ受け入れ推進、放射能を含む有価物の道内での焼却に対する無策など、北海道の環境と基幹産業、子どもたちの命と未来を主体的に守る意思を全く示さず、一貫して国任せ・業者任せの姿勢を取る知事に対する、一般市民の"No"の声を知事に届けるためのアクションです。
 現在最も強く願っていることの一つは泊原子力発電所の再稼働を防ぐことです。併せて、全国の原子力発電所の再稼働の中止・阻止にも、出来る限りご協力して行きたく思っています。ただいま、賛同人・賛同団体を募集しております。

 詳細は下記をご覧いただきたい。
 http://mamore.snowrabbit.org/
要望書URLは
 http://mamore.snowrabbit.org/PDF/130329youbousho.pdf

 論理整然の「要望書全文」をぜひお読み頂きたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック