■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
非正規労働者問題の打開方策を考える公開討論会
(カテゴリー: 公開討論会
 非正規労働者問題の打開方策を考える公開討論会
   (土曜講座の新展開)

 小泉内閣の新自由主義政策による
 「派遣労働法制の緩和」以来、
 「非正規労働者の労働条件」は残酷を極め、
 官製ワーキングプアも増大している。
 そこで、下記の公開討論会を開催する。

 日時 2012年7月28日(土) 13時~16時30分
 場所 北海学園大学・7号館D31番教室
 主催 北海学園大学開発研究所・NPO法人自治体政策研究所

 論点
 1 非正規雇用の現状
  低賃金と不安定雇用

 2 官製ワーキングプア
  自治体直接雇用の臨時的任用職員、日々雇用、
  民間委託による低賃金雇用
  公立保育所の非正規保育士(フルタイム型非正規)

 3 打開方策
  公契約条例の制定-札幌市議会の情勢
  最低賃金制 有期雇用規制 派遣労働法制
  労働運動―正規職員労組の問題

 討論者
  鈴木 一(札幌地域労組書記長)
  鳥居明子(JOC・働く人の家)
  大出彰良(自治労北海道本部書記長)
  川村雅則(北海学園大学経済学部教授)
 司会・森 啓(自治体政策研究所)
 討論参加 市民、自治体首長、議員、研究者、

 参加自由 (無料)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック