■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
 「百年インタビュー」と「世界」
(カテゴリー: メディア批評
   「百年インタビュー」と「世界」

 NHK・BS「百年インタビュー・原田正純(水俣学)」を視聴した。
 逝去を悼む再放送である。NHKは冒頭字幕で「水俣病研究の第一人者」と紹介して敬意を表した。(2012-6-20)
 温和な笑顔で語られる「水俣50年のお話」であった。若き日の原田さん、柔和に診察する原田さん、世界環境会議に患者と出席された原田さん、50年に亘る貴重な映像であった。世の中には「偉い人がいるのだ」と思った。
 原田さんは熊本大学医学部在職中は助教授のままであった。教授昇任を(阻んだ・推薦しなかった)当時の教授会メンバーは顧みて自らを恥じるべきだと思う。だが御用学者は常に存在して不善を為す。公害研究の宇井純氏は東大で21年間助手のままで退職後に沖縄大学教授に迎えられた。小出裕章氏も京都大学原子炉実験所の助教(助手)のままで定年を迎える。

  岩波「世界」は「戦後歴程」の連載を始めた。
 品川正治(元経済同友会専務理事)の手記の新連載である。
 7月号の第一回「激戦からの生還」を読んだ。衝撃のような感銘で暫くは黙然としていた。

 冒頭の「連載にあたって」に、「私は二年前、『反戦への道』(新日本出版社)と題した手記を出版しました。しかし、60年余を過ごした経済人の生涯を記述する手前で終わっています。老化のすでに始まった現在、どこまで続けられるかと危ぶみながら、連載の形で、経済社会に身を置いた私の見出したこの国の全体像を、ありのまま綴ってみたいと、筆をとりました。」と書かれている。
 品川さんは88歳である。

 早速『反戦への道』を買い求めて一気に読了した。
 「ホントかなぁ」と思うほどに「人生のドラマ」が、格調があって読みやすい文体で綴られている。真摯な品川さんのお人柄を感じる文章である。多くの人に読んで貰いたいと思う。ここにも偉い人がいる。

 同じ「世界7月号」に「橋下維新ー自治なき<改革>の内実」が特集されている。
 流石は「世界」の編集である。執筆者六人がそれぞれ「橋下」を分析している。読み応えがある。とりわけ、想田和弘氏(映画作家)の分析に共感した。
 世のなかには「困ったヒト・コト」があるものだと思う。

岩波「世界」は良い。本社直接の定期購読を薦めたい。書店に並ぶ前に自宅に送達される。明後6月25日、札幌駅北口前「エルプラザ」で月例「世界・論文読書会」を開催する。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック