■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
再びの「安全神話」-寺島実郎氏の独演スピーチ
(カテゴリー: 原発災害
   寺島実郎氏、再びの「安全神話」 

 昨夜(2012-3-29)の「報道ステーション」(テレビ朝日)は、寺島実郎氏の「原発安全の独演スピーチ」に、かなりの時間を提供して全国に放映した。語る寺島氏の表情をクローズアップした映像は異常であった。

 寺島氏は、「脱原発」などを言うのは、物事を考えない人の観念論です。日本の日立や東芝の原子力利用の技術は世界最高です。アメリカはスリーマイル島の事故で懲りて、30年も新たな原発を作らなかったから、その間に日本が追い抜いて原発技術で世界最高になったのです。この「日本の技術力の立ち位置」をしっかり考えなくてはなりません、と独演スピーチを行った。再びの「原発安全」の神話である。
 
 2011年6月9日、作家の村上春樹氏が「カタルーニャ国際賞(スペイン)」の受賞スピーチで「原発批判」を、自身の反省をこめて「東京電力と日本政府」を批判し、広告費で買収された「メディア」と、黙認してきた「国民」も、加害者であると述べた。
 そのとき、古館キャスターが「今のスピーチを聞いてどう思いますか」と寺島実郎氏に訊いた。「日本は3万5千人の電子工学卒の技術者を抱えているのです。平和利用の技術で世界に貢献するべきです」と述べた。
古館キャスターは「お言葉を返すようですが、福島で多くの人が現に苦しんでいます。原発安全を言っていたその技術が破綻したのではないですか」と返した。

 テレビ朝日は何故に、寺島氏に「原発安全の独演スピーチ」を再びさせたのであろうか。おそらく、電気事業連合会や経済界などから「原発54基がストップする」「再稼働させなくてはならぬ」の圧力がかかったのであろう。古館キャスターは今回はノーコメントであった。
 
 本日(2012-3-30)の新聞は「福島の米が出荷できない」「宮城の魚が出荷できない」と報じている。大熊町の全域「帰還困難」、双葉町の「避難区域の再編拒否」を報じている。連日報道される日本列島の悲惨を寺島氏はどう考えているのであろうか。生活のために被爆しながら働いている現場作業員の悲惨を考えないのであろうか。多くの人が苦しんでいるのである 
 
 寺島実郎氏の評価する日本の技術者は「安全神話を合唱した」人達である。「万一の事故」を考えず「マニュアル」も作らず、水素爆発に至らしめて放射物質をまき散らした元凶である。現在只今も「熔融落下したウラン燃料」を解決できず、大気・地中・海中への放出を止めることのできない技術者である。人の悲惨不幸を思いやる心の欠けた技術者・御用学者である。この人達を「世界最高」と言うのは何故であるか。原発は機械であるから事故が無いと言えない。事故になれば今日の如き事態になるのである。日本列島は地震帯の上に乗っているのである。

  巨大企業のシンクタンクの所長である寺島氏の「安全神話」と「役どころ」に疑問を持たざるを得ない。 

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック