■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
原発災害を心底から考えない議員
(カテゴリー: 原発災害
 原発災害を真剣に考えない議員と有権者と新聞報道
   をテーマに公開討論集会を開催する

     ザ・討論
  ~原発災害・広がる放射能汚染~
    真剣に考えない有権者
    心底から考えない議員
    肝心なことは報道しない新聞
  
   10月21日(金)  午後6時半~
   札幌エルプラザ 2階 環境研究室 (無料)
   (札幌市北区北8条3丁目  011-728-1222)

 進行司会 谷百合子
 パネラー 布施哲也(元清瀬市議 反原発議員連盟)
       佐藤英行(岩内町議)
       宍戸隆子(福島から札幌市民へ)
       報道関係者
       被災地支援活動の市民
 討論司会  森 啓

  主催  NPO法人自治体政策研究所
      無防備平和のまちをつくる札幌市民の会
      市民自治を創る会
  
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック