■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
自治体理論の実践ー北海道土曜講座の16年
(カテゴリー: 北海道自治土曜講座
 刊行「自治体理論の実践―北海道土曜講座の16年」

「北海道土曜講座の16年を顧みる」を公人の友社から刊行した。
 本書は「北海道土曜講座の16年」は何であったか、を顧みる書である。土曜講座の役割が終わった訳ではない。解明するべき自治体課題は次々と生起する。市民自治の実践理論の研鑽と行政の責任回避の構造究明が終わる訳はないのである。

 土曜講座が目指したのは「自治体理論の習得」であった。
 理論には「説明理論」と「実践理論」の二つがある。
 説明理論は事象を事後的に客観的実証的に分析して説明する認識理論である。
 実践理論は現在の課題を未来に向かって解決する理論である。「課題は何か・如何なる方策で解決するか」を考えるには「経験的直観」が不可欠である。経験的直観は一歩前に出る実践によって得られる。自己保身の状況追随思考では経験的直観は身に付かない。実践理論は歴史の一回性である実践を普遍認識に至らしめる理論である。

「知っている」と「分かっている」は同じでない。
 その相違は、困難を覚悟して一歩前に出た「実践体験の有無」にある。自治体理論にも同様の問題が存在する。

 本書は三部構成になっている。
 第一部は、自治体改革をめざす土曜講座第二幕を展望する論述である。
すなわち、都市型社会の構造特性を明示し2000年代の自治体改革の基本論点を提示し、次いで自治体改革の課題と解決方策を見究めるには実践理論が重要であることを論証し、土曜講座16年間の経過を詳細に検証した。それは講座の第二幕を展望するためである。
 
 第二部は、講師を務めて下さった先生方、講座を報道して下さった記者の方々、裏方として運営事務を担ったスタッフ、そして受講者の方々による土曜講座への「愛着と感慨」の文章である。

 第三部は資料である。
 新聞等に報道された記事、全91回の講座のタイトルと講師一覧、実行委員とスタッフの一覧である。詳細に記録したのは自治体理論の研鑽習得をめざす自治講座が北海道のみならず全国各地で再び開講することを希求するためである。

(主要な内容)
 2000年代の自治体改革にむけて 松下圭一
 自治体学の実践論理        森  啓
 地方自治土曜講座・16年を振り返る 川村喜芳
 市民の自治力は学習で培われる 宮本憲一





スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/03/28(火) 18:43:31 | | #[ 編集]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2017/05/17(水) 12:19:54 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック