■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
北海道自治体学会・地域フォーラム
(カテゴリー: 自治体学とシンポジュウム
北海道自治体学会は10月16日、大沼国際セミナーハウス(亀田郡七飯町)で地域フォーラムを開催した。
緊迫した討論が展開され盛会であった。

時事通信社・情報誌「地方行政」の11月1日号に下記の討論内容が掲載される。

「議会改革の論点」

 議員不信と議員特権
 議員の数と報酬  
 政務調査費
 議会の会派
 因循姑息な議会慣例

「議会改革と自治基本条例」

「まちづくり基本条例」と「自治基本条例」の混同
「議会基本条例」の異常な流行
「議会基本条例もあり」は奇妙な理屈
 学者の理論責任 
 地方自治法は準則法なのだ
 栗山町議会基本条例-二つの根本的欠陥
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック