■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
スポンサーサイト
(カテゴリー: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
自治体政策研究所と自治体学
(カテゴリー: 自治体学理論
自治体政策研究所と自治体学

 夕張再生の自治体学
1夕張再生市民室
 353億円を18年間で返済する再建計画は実質的には北海道庁と総務省が作成したものである。そして総務省からやってきた職員が、夕張再生室長となって1億円を超える全国からの寄付金「黄色いハンカチ基金」を管理し、何にどう使うかの審査も再生室長が掌握している。
 再生室の(つまり総務省の)考え方は、353億円を計画通りに返済することが「夕張再生」である。しかしながら、夕張再生は夕張市民の生活が成り立つことが基本になくてはなるまい。返済計画は「夕張再生計画」ではあるまい。そして市民生活が成り立つには10年間で100億円の返済が限度である。夕張の借財は内需拡大を煽って夕張市を優等生であると表彰した国の責任でもあるのだ。また、返済不可能を知っていながら起債を認めて国に取り次いだ道庁にも責任がある。
 現在の夕張再生室は「債務償還管理室」であるのだから、名称を「夕張市債務償還管理室」に改めて、全国からの寄付金の管理は「夕張再生市民室」を新設してそこが所管すべきであろう。
 夕張再生には市民と行政との協働が不可欠である。しかるに現状は、「市民と市議会」、「市民と市役所職員」との間には、長年の経緯による深い溝がある。だが、信頼を基にした協働がなければ夕張再生は不可能である。信頼に基づく連帯関係を創り出さなくてはならない。如何にして連帯を創り出すか。これが自治体学の理論問題である。

2 市民行政
 市民行政とは市民が市役所職員と一緒に夕張再生の仕事をすることである。行政法学には「市民行政」の観念は存在しない。この言葉に行政法学者は違和感をもつであろう。行政は行政職員(公務員)が行なうものだの観念から脱することができないからである。統治の学としての行政法学理論だからである。
 そこで、国家統治学から自治体学に理論転換をして「行政概念」を再構成するべきである。人間存在の意味は「言葉で論理」を組み立てて「解決方策を構想」することにある。未曾有の困難な事態に立ち至っている夕張である。市民自治の自治体学理論で夕張の事態を理論解明しなくてはなるまい。 
 「行政概念を転換する」とは、次のようなことである。
 国家統治学は「行政とは法の執行である」と思っている。自治体学は「行政は政策の実行である」と考える。
 政策は課題と方策であるから、政策の実行とは課題を解決することである。夕張再生という困難課題を解決するには「市民と行政職員の協働」が不可欠である。国家学の行政法理論に縛られてはならない。
 「市民行政」とは市民が行政を行うことである。これまで、参加・参画・協働という言葉が言われた。内容はどれも同じである。市民行政を市民参加と考えればよいのである。そして、市民参加とは市民が政策立案、政策決定、政策執行、政策評価の各過程に実質的に関わることである。それが市民参加の意味である。
 国家学の行政法学理論では「そんなことありえない!」と思ってしまうであろう。
だが、人間の生きている意味は「理想を目指して現実をどう変えていくか」である。理論の意味は「そのために論理を如何に構築するか」である。
 政策の立案と執行に市民が参加する。これが最近、流行っている「市民と行政の協働」である。協働とは自己革新した主体の協力関係を意味する言葉である。主体双方が従来のあり方と考え方を改めることが基本前提である。
 夕張市役所に再生市民室を新設する。
 市民が市役所職員と協働して市民生活優先の夕張再生に取り組む。

3 市民議会
 もう一つの自治体学の提案は、「市民議会」の創出である。
 「市民議会」とは市民の手に議会を取り戻すことである。
 現在の夕張には「市民と市議会」の間に深い溝が横たわっている。市民と議会の意志疎通は不信の壁で閉ざされている。
 福島県矢祭町では議員提案で議員報酬を日当制に改めた。町財政の危機を乗り越えるためである。それは矢祭町の議員が「わが町への愛情」を抱いているからである。 財政破綻した夕張市の議員は矢祭町議員の行動をどのように見ているのか。
 議会を「平日夕刻と休日」に開催して普通の市民が議員活動をできるように改める。それが市議会を市民の手に取り戻すことになる。
 だが、それを決めるのは現在の議員である。素知らぬ顔で財政破綻の前と同じに議員特権にあぐらをかいている。それが夕張市の議員である。
 夕張市議会にこそ再生計画が必要である。

  自治体政策研究所の活動は、下記のHPに、時事刻々が掲載されている。
    http://jichitai-seisaku.com/index.html
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。