■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
文化の見えるまちづくりフォーラム・その2
(カテゴリー: 自治体の文化戦略
第11回「文化の見えるまちづくり」全国フォーラム(その2) 

2009年8月27日~28日大阪池田市で開催する。
プログラムは http://bunkaforum.net/ 

 文化は財政に余裕のあるときか
 文化は財政に余裕のあるときのことだ、右肩上がりの経済の時代は終わったのだから、との言い方がある。
 中央政府が市場原理の構造改革論をふりかざして合併を強要し交付税を削減した。地方切捨ての財政政策で自治体財政に余裕はない。しかし、文化は財政に余裕があるときのことではない。
 文化行政が始まったときもオイルショックで財政は窮迫していたのだ。
 1973年、黒田大阪府政は文化の旗を掲げて自治体に政策潮流の波を起こした。長い間、企業のための基盤整備に財政を使ってきた。そのため生活環境に美しさと潤いが欠落した。「水の都」であった大阪は「ゲスの街」と評され地盤沈下した。
 だから黒田了一大阪府政が誕生したのである。都市の甦りが文化行政の基本視座であったのだ。文化行政は大阪から始まったのだ。その大阪府が「市場原理の財政改革」を強行して文化予算を削減している。
 「文化は財政に余裕のあるときのことだ」と言っているのは「行政を革新せず」「無駄遣い文化行政を進めたところ」である。 
 八十年代に文化1%システムが全国に広がり公共建設事業に美観性や地域個性を導入する考え方が一般化した。関西では「文化アセスメント」の手法が行政施策に取り込まれた。
 文化ホールは「行政が管理する営造物」ではなく「市民文化の拠点」である。この考え方が広がった。バッハホール、ピッコロシアター、水戸芸術館、メイシアターのように水準の高いホールが増えた。住んでいることが誇りに思える魅力あるまちづくりが様々に展開された。
 初期の実践例は武庫川の宝塚大橋であった。横浜市役所横の「くすの木広場」は「美しさ・楽しさ・地域個性」を施策に取り入れた「行政の文化化」の実際例であった。
 花と緑と彫刻のまちづくり、歴史的建造物の保存、歴史の連続性を喚起する地名の保存、商店街の魅力化、都市の修景美化、景観条例の制定など「文化の見えるまちづくり」が展開された。非日常の興奮と感動を楽しむ音楽祭や演劇祭、誇りの感情でわがまちを見つめる市民オペラ、市民文化の拠点となった文化ホール、美しい景観や潤いのある風景がつくり出された。そして、障碍を突破してそれらを実現した実践と連帯も地域の文化である。
 文化行政が提起した問題意識は確実に浸透したのである。
 これら実践例を眺めても、文化は財政に余裕のあるときの問題だと言うのであろうか。文化は財政に余裕のあるときのことだの言説は、現代社会の認識欠如を示すものである。
 本年8月27日と28日、大阪池田市で「文化の見えるまちづくり」の政策討論を行う。
 申込・問合せ いけだ市民文化振興財団
         072-761-8811 FAX072-761-1987 
         E-mail inforum-ikeda@azaleanet.or.jp
http://bunkaforum.net/
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック