FC2ブログ
■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
2019年6月21日の北海道新聞16頁の[署名取材記事]は奇怪
(カテゴリー: 自治体議会
北海道新聞の[署名記事]は奇怪

2019年6月21日の北海道新聞の16頁の[取材記事]には重要論議が(意図的に)書かれていない。実に奇怪である。
当日の論議に参加した方々は同じ思いであろう。

[公開討論・札幌市議会の除名問題]
6月20日(札幌クリスチャンセンター)の論議は、

(1)冒頭で主催者から「議員除名について総務省担当課に質した回答が」報告説明された。総務省担当者は「議員を除名するにはその自治体の議会規則の懲罰規定に「除名項目」が無ければ除名は法規範違反です」との回答であった。そして札幌市議会の懲罰規定には「除名項目」は規定されていないのである。

(2)会場討論では元市議会議員の方からも、松浦議員(臨時議長)の言動に問題有りとしても、「選挙で選出された議員資格を剥奪する除名に相当する」とは思えない。さらには、先ほど主催者から説明された「札幌市の議会規則には(除名の定め)が無い」のだから除名はできない、との発言がなされたのである。

(3)さらには
 議場を退場した多数派議員こそが「議会規則の懲罰規定」に違反したのだの発言に拍手が起 きたのである。 ところが、北海道新聞の記事には(これらの論議)も(論議の雰囲気)も記されていない。 なぜであろうか。

(4)6月18日までは「札幌市議会規則」はネットで公開されていた(読むことができた)のである。ところが、突然ネツト公開が消えた(読めなくなった)ことを討論会場で話し合われた。ところが、この報告も論議も北海道新聞の取材記事には書かれていない。

(5)そして、当日の論議では「松浦議員を除名して白石区の次点(自民党)候補を繰り上げ当選にするために水面下で策謀があった」との会場発言が複数回なされたのである。

(6) さらに、21日の「新聞記事の書き出し」は [札幌市議会の5月の臨時会で、臨時議長として議会を空転させた松浦忠市議(79)への懲罰で…… ] である。
 だが、(市議会が8時間空転したのは多数の議員が(手招きし合って)議場から出て行ったからである)との見解もあるのだから、この「記事の書き出し」も執筆記者の意図的作文に見えてくるではないか。

 執筆記者は公開討論の論議を正確に報道すれば「21日の本会議での除名決議の妨げになる」と多数会派の思惑 (白石区の次点(自民党)候補の繰り上げ当選)を忖度したのであろう。

・現在日本は (多数議席なら如何なることも議決できる)かの風潮が蔓延している。
・メディアも、この風潮に(今この場面がまさにジャーナリストの役割のときに) 権力に靡いているのではあるまいか。
・なぜ公開討論の会場取材をした記者が(論議の肝)を意図的に省略したのであろうか。
・北海道新聞社内では(論議の肝)を省略することで(多数会派を忖度することが)人事昇進になるのであろうか。
・加計問題で経済産業省の官僚が「記憶に御座いません」を繰り返した光景が覗われる

スポンサーサイト