■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
大塚信一著「松下圭一 日本を変える」
(カテゴリー: 新刊案内
 
大塚信一著「松下圭一 日本を変える」-市民自治と分権の思想-が刊行された。
 発行所は、㈱トランスビュー)、2014年11月5日、(357頁)
 著者は、元・岩波新書編集部長・岩波書店代表取締役社長。
 本書の随所に、北海道自治体学土曜講座の論点が、提起され解明されている。

以下は引用紹介
(まえがき)
 松下圭一は、政治学者として、20世紀にはじめて誕生した都市型社会とそこに生きる市民についての、自治と分権にかかわる独自の社会理論を作り出した。その社会理論は、20世紀後半から21世紀にかけて、日本の政治状況と社会構造を、ひいては文化のあり方を、大きく変えてきた。私は本書で、なぜこのような政治学者が生まれたのか、その秘密を探ってみたいと思う。 (部分引用)     
(序章17頁)
 松下の『市民自治の憲法理論』(岩波新書、1975年)が、憲法学者にあたえた影響ははかりしれない。当時それは“松下ショック”とよばれた。国家統治の憲法理論ではなく、市民自治の憲法理論を、という松下の主張は、至極もっともと思われるのだが、それから四十年近くたっても、日本の憲法学は根本のところで今でもかわっていない。憲法学は条文の解釈学だけでよいのか、という松下の問いかけに、憲法学者たちはいつ真摯に答えるようになるのだろうか。

(目次)
序 章  松下圭一とは
第一章 出発まで
第二章 ロック研究
第三章 大衆社会論争から構造改革論へ
第四章 自治体改革、シビル・ミニマム、都市政策
第五章 市民自治の憲法理論
第六章 市民文化の可能性
第七章 政策型思考と制度型思考
第八章 市民法学の提起  
終 章  成熟と洗練
 私の仕事 ‥‥‥‥ 松下圭一
  
(あとがき)
 序章で書いたように、「特定秘密保護法」の強行採決や「集団的自衛権」をめぐる恣意的な閣議決定など、安部政権の暴走には目に余るものがある。こうした暴走に対する有効な歯止めとなる論拠はどこに求めることができるのか。  
 私は、松下圭一氏の市民自治と分権にかかわる理論こそ、もっとも有効で適切な論拠になるものだと思う。その具体的根拠を逐一述べたのが、本書であるともいえる。 ‥‥いまだにお上崇拝の色濃い日本の社会・政治風土のなかにあって、松下氏の市民および市民文化の熟成と市民自治の貫徹への問題提起は、21世紀に生きる私たちにとって、もっとも重要な課題といえるであろう。‥‥

   多くの方々にお読み頂きたいと思う。(森 啓)


スポンサーサイト