■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
自治体議会の改革
(カテゴリー: 自治体議会
  自治体議会の改革

 選挙の翌日から市民は「陳情・請願の立場」に逆転する。
 首長と議員は「白紙委任」の如く身勝手にふるまう。
 身勝手な代表権限の行使運営は「信託契約違反」である。
 選挙は代表権限の「信頼委託契約」であって「白紙委任」ではない。

  北海道議会では「質問と答弁」を事前にスリ合わせる「答弁調整」を本会議でも委員会でも続けており「まるで学芸会だ」と批判されている。
 北海道議会も札幌市議会も議員の年間収入は2000万円に近く「金額にふさわしい議員活動をしているのか」との市民の批判がある。

 行政への不信も根強く存在する。
 例えば、北海道庁も札幌市役所も課長以上の幹部職員は2年で異動する。「職務よりも昇進」の人事制度である。 腰を据えて職務に専念する人事制度になっていない。だが知事も市長もその状態を改めようとしていない。
 職員は「上役の意向」を忖度して仕事をするから「どちらを向いて仕事しているのか」との批判が根強くある。

 行政と議会に対する市民の不信は高まり、代表民主制度が形骸化して「議会不要論」の声さえも生じている。

 現在日本の問題は「考える力」が著しく衰弱していることである。思考力が劣弱であるから「社会の不公正」に怒りの感情が生じないのである。
 「自己保身の状況追随思考」が蔓延しているから「不公正」が罷り通るのである。

 例えば、2005 年の合併騒動のとき、「住民の考えを聴いてからにせよ」と全国各地で住民投票条例の署名運動が起きた。それは代表民主制度への不信の表明であった。しかるに議会はこれを否決し、住民投票が行われても 「開票せず焼却」した。
 合併是非の住民投票を「開票せずに焼却する」のは「代表民主制の根幹」の否認である。
 ところが、「自治分権」「財政自立」を唱えていた学者は「それもあり」と黙過した。
 
「間違っていること」を「間違っている」と発言をしなければ「批判的思考力」は衰弱する。
 「何たることか」の感情が生じないのは「思考の座標軸」定まっていないからである。
スポンサーサイト
高橋はるみ北海道知事に「辞任を求める連名署名」の提出
(カテゴリー: 原発災害と自治体政策
 高橋はるみ北海道知事に「辞任を求める連名署名」の提出

「高橋はるみ知事に原子力ムラから住民票を移してもらい隊」の人達が、
「知事辞任を求める連名署名」と「署名書提出に伴う要望書」を、
 2013年3月29日14時、知事に提出する。

 筆者は下記の趣旨に賛同して当日の「要望書提出」に同席する。

 「高橋はるみ知事に原子力ムラから住民票を移してもらい隊」

 わたしたちは、高橋はるみ北海道知事の、北海道の未来のために全くならない現在の政策を改めていただくため、辞任もしくは政策転換をもとめる署名収集活動をしている市民団体です。これは法的効力のある正式なリコールではありませんが、原子力発電推進、災害ガレキ受け入れ推進、放射能を含む有価物の道内での焼却に対する無策など、北海道の環境と基幹産業、子どもたちの命と未来を主体的に守る意思を全く示さず、一貫して国任せ・業者任せの姿勢を取る知事に対する、一般市民の"No"の声を知事に届けるためのアクションです。
 現在最も強く願っていることの一つは泊原子力発電所の再稼働を防ぐことです。併せて、全国の原子力発電所の再稼働の中止・阻止にも、出来る限りご協力して行きたく思っています。ただいま、賛同人・賛同団体を募集しております。

 詳細は下記をご覧いただきたい。
 http://mamore.snowrabbit.org/
要望書URLは
 http://mamore.snowrabbit.org/PDF/130329youbousho.pdf

 論理整然の「要望書全文」をぜひお読み頂きたい。
「原発のない社会をつくる」・公開討論会
(カテゴリー: 原発災害と自治体政策
  「原発のない社会をつくる」・公開討論会

日 時 2013年3月10日 午前10時~
場 所 苫小牧市民映画館(シネマトーラス) TEL37-8182
        苫小牧市本町2-1-11

論点提起
・島田恵 
  すべての命を未来に繋ぐ
   -映画-福島・六ヶ所『未来への伝言』
   プロモーションDVD「福島六ヶ所未来への伝言」(18分)

・森 啓 
  苫小牧市の「市民参加条例「住民投票条例」の問題点

会場討論


島田恵
1959年東京生まれ。写真雑誌社、スタジオ写真などを経てフリーの写真家に。1986年のチェルノブイリ原発事故後初めて六ヶ所村を訪れ、核燃問題で揺れる村に衝撃を受け取材を始める。1990年から2002年までは六ヶ所村に在住。あらたに映像分野で核燃問題を伝えようと、2011年から映画制作に乗り出す。第7回平和・共同ジャーナリスト基金賞受賞


主 催 苫小牧の自然を守る会(0144-34-2385)
     舘崎やよい