■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
北海道・民衆法廷への疑念
(カテゴリー: 民衆法廷
  「民衆法廷」への疑念

 2012年12月8日、「北海道・民衆法廷」が開廷された。
 筆者は次の証言を行った。
  1.民衆法廷は模擬裁判ではない
  
  2.自治体首長の責務

  3.高橋北海道知事の所業

  4.御用学者の所業

 北海道法廷は高橋北海道知事を被告としたのである。
 しかるに、判事団による当日の判決(決定)は高橋知事の所業に対する断罪(言及)は一言も無かった。
 これは、民衆法廷とは「如何なる規範」によって「弾劾し断罪するか」の見識が判事に欠落しているからである。即ち判事団は、既成の「国家法学の論理」に囚われているのである。「民衆法廷」と称しながら「市民自治の法論理」を構想することができないのである。民衆法廷の判事たるの資格はない。これであれば「民衆法廷」と名乗っても「模擬裁判」の侮りと誹りを受けるであろう。

 近日に、かかる民衆法廷に対する批判所見を掲載したい。
 猛毒のプルサーマル泊原発、オールMOXの大間原発、騙して500メートル掘った幌延を核廃棄物処分場にする蠢き、を容認する高橋北海道知事を断罪しない民衆法廷は信用できないではないか。

当日の状況は
http://www.youtube.com/user/kikanshiBC/videos: をご覧あれ。
スポンサーサイト