■■■  自治体学  ■■■

 既成の学問は「国家」を理論前提とする「国家学」です。
 自治体学は「国家統治を市民自治へ」「中央集権を地方分権へ」「行政支配を市民参加へ」組替える実践理論です。「実践を理論化し理論が実践を普遍化する」市民自治の理論です。
二つの「松下村塾」
(カテゴリー: 自治体学理論
 二つの「松下村塾」     2010-6-28

1 菅首相の所信表明演説
 菅直人首相は6月11日の所信表明演説で、政治思想を学んだ学者として松下圭一氏と永井陽之助氏の二人の名を挙げた。総理演説の効果は抜群である。インターネツト・アマゾンの古書欄で、松下圭一著作本は「売り切れ」「値段上昇」となり「市民自治の憲法理論(岩波新書)」は9.800円に急上昇した。(岩波新書の新刊価格は750円である) 
 菅首相は組閣後の記者会見で「菅内閣のニックネームは」と訊かれて「奇兵隊内閣と呼んで頂ければ嬉しい」と答えた。自身が山口県(宇部高校)出身であるので、大河ドラマの「土佐の坂本龍馬」だけでなく「長州の高杉晋作」を言いたかったのであろう。「二世三世の世襲議員」でなく「サラリーマンの息子」である自身を「農民、商人、職人、僧侶の奇兵隊」を編成して活躍した高杉晋作になぞらえ親近感を表明したのでもあろう。
 高杉晋作も吉田松陰の松下村塾で育った。

2 二つの「松下村塾」
 今、日本列島に二つの「松下村塾」がある。
 一つは「松下政経塾」である。松下政経塾出身の国会議員・自治体首長・自治体議員は容易ならざる数である。民主党にも自民党にもいられる。結集すれば「一大政治勢力」になるであろう。人それぞれであるから「ひと括り」にするのはまことに失礼ではある。失礼であるのだが、「政治家志向の人材養成塾」で生活を共にされた方々が「容易ならざる勢力」になりつつあることに「一抹の危惧の念」を想う。
 「国家」「国家主権」の観念が猛威をふるった「おぞましい時代」を体験した日本社会であるからこそ、いつ声高に「公共」を「国家」と言い換える政治勢力が台頭するかもしれぬと懸念するのである。
 昨今の新聞・テレビの保守化傾向、インターネット動画 (YouTuve) には右翼言説が溢れている。そして群立する小政党の保守言説、そこにも松下政経塾の方々がいられる。
 安倍内閣のとき、一瀉千里の「教育基本法否定」と「憲法改定の国民投票法の強行採決」、「盗聴法と共謀罪と集団的自衛権の論議」などが続いた。心配である。
 松下政経塾の方々が「国家の観念」を振りかざす政治勢力にならないことを希う。何の特権もない普通の市民が「政治主体」である「市民自治の政治社会」を目指して貰いたい。そのことを切に希求する。
 本年5月3日、全国青年会議所 (JC) は、47都道府県で同時刻に一斉に「憲法タウンミーティング」を開催した。「全国青年会議所」のホームページを眺めるならば、それが「改憲キャンペーンである」ことは明白である。
 松下政経塾への「一抹の危惧」が「杞憂である」ことを希う。

3 市民自治を思考の座標軸に
 もう一つの「松下村塾」は、松下圭一氏の「市民政治の理論」「市民自治の憲法理論」「政策型思考と政治」などの著作を読み「自身の思考の座標軸」を見定めて行動する全国各地の「市民と自治体職員」である。「国家統治」ではなく「市民自治の政治社会」の創造をめざす人々である。
 この「松下村塾」の人々は「自治体学会」を1986年5月23日、横浜で設立して「国家学」ではない「自治体学」の研鑽をめざしている。
 「国家」なる言辞は、現状の継続に利益を得る人々の「隠れ蓑」の言葉である。「騙しの言葉」である。「国家」「国家主権」などの「騙し言葉」が猛烈な威力をふるう(ふるった) のである。
 「国家」や「国家主権」の言辞を弄する人は「人々の掛けがえのない幸せ」を大切と考えない「支配の側の人」である。「国家観念」は人々を「共同体の論理」で「覆いかぶせて押さえこむ」のである。騙されてはならない。 
 松下圭一氏の「市民自治の憲法理論」には「君主主権」と「国民主権」と「国家主権」の位相が明快に論述されている。菅直人氏は自著「大臣(岩波新書)」のなかで「私は市民自治の憲法理論で育ったのです」と記述している。
 日本には今、二つの「松下村塾」がある。

 





スポンサーサイト
第16回・北海道自治土曜講座 (2010年)
(カテゴリー: 北海道自治土曜講座
2010年度 地方自治土曜講座
 主催:地方自治土曜講座実行委員会・北海道自治体学会

第一日 2010年 7月 17日(土) 
  研究課題  日本社会の可能性 ~自治体の政策力

10:30-12:00
  講演「日本社会の可能性 ― 維持可能な社会へ」
    宮本 憲一(大阪市立大学名誉教授)
13:00-16:30
   討論「現在日本の課題と自治体の可能性」
      宮本 憲一/ 宮本 太郎(北海道大学教授)
          /山口 二郎(北海道大学教授)
       司会:森 啓(北海道地方自治土曜講座実行委員長)

第2日 2010年 8月 28日(土)
研究課題  市民の時代~国家統治理論から市民自治理論へ
10:00~11:00
   講演 「市民自治理論」 松下 圭一(法政大学名誉教授)
11:00~12:00
   講演「自治体学の理論と実践」森 啓(土曜講座実行委員長)

13:00~15:00   
   討論「検証 自治体改革」
    松下 圭一/ 神原 勝/川村 喜芳/山内 亮史
     司会 森 啓

15:10~17:00
   討論「自治体改革と土曜講座」
    松下 圭一/神原 勝/川村 喜芳/山内 亮史
     報告「自治体現場は変わったか」
       桑原 隆太郎(元名寄市職員)
     司会 森 啓

2 会 場
 北海学園大学2号館6階60番教室※(札幌市豊平区旭町4 丁目1-40)
 地下鉄東豊線「学園前駅」下車。3番出口直結。駐車場は利用できません。

3 受講料
 1回のみ 2,000円 ※会場で直接、お支払いください。
 2回通し 3,000円(第1回会場で、2回通しチケットを販売します。)

 問合せ:090-9081-3454(今川)・doyokouza@mail.goo.ne.jp(実行委員会)
 土曜講座 http://sky.geocities.jp/utopia2036/doyokoza/
北方領土と沖縄米軍基地
(カテゴリー: 自治体議会
 北方領土と沖縄米軍基地

 根室市議会の勉強会に招かれた。
根室市議会は、市民から「議員数を減らすべきだ」の提言があって議会改革特別委員会を設けた。その勉強会の講師である。

1 自治体議会の改革論議が流行のように行われている。良いことである。だが「法律制度を前提」にした改革論が殆どである。「改革するべきは何か」を見据えていない改革論議である。そのように思える。そこで、議会改革の論点整理をする良い機会だと考え講演を応諾した。

2 丘珠空港から中標津までの機内で「あまりキビシイ論点」には触れないのがよいのではと思った。レジュメ は既に送付してあるのだが、「会派は議長などの役職を確保するためのものだ」「会派決定に拘束される議員の評決行動は有権者への背信である」「そのような議会のあり方への不信が市民の定数減の要求なのだ」「日本列島で一番信頼されていないのが地方議会である」などのことは、「反感を招来する」だけではあるまいか、とふと思った。
 だがしかし、それでは何のために遠く根室にまで出かけるのか、反発を避けて「当たり障りのないハナシ」をするのは背信である。「議会改革」を語る資格はないと直ちに思い返した。

3 札幌丘珠から50分。根室市内までさらに車で1時間40分、湿原を眺めながら議会事務局の方から「市民と議会」の情報を聴取した。勉強会は午後である。北方四島交流センターを見学した。歯舞島・色丹島は目の前にある。根室の人々には父祖が住んだ島の返還は切実であると思った。
 最近「島に公共施設の建設が始まっている」との説明を聞いて「ロシアは返還しない心算だな」と感じた。
 午後の勉強会の会場には議員だけでなく市民も市職員も集まっていた。根室新聞、釧路新聞、北海道新聞の記者もいた。
議会改革の論点を率直に述べた。(翌日の新聞に写真付きで報じられた)

4 夕刻、議員の方々との懇談の場が設けられた。「北海道限定のビール」と「地元産の海の幸」はとても美味であった。
 所見を交わす懇談の場である。「午前の見学で思ったこと」を述べた。
「北方領土の返還をロシアに求めること」と「沖縄の米軍基地撤去をアメリカに求めること」とは同列の問題である。共に「無謀で愚かな大東亜戦争の結末」である。65年の間、解決されずに続いている戦後処理の問題である。「根室の方々」と「沖縄の方々」の苦しみは同根である。手を携え連帯するべきである。沖縄に米軍基地があり根室に三沢基地のレーダー施設があって「四島返還は悲願である」の言い方がロシアに通用するであろうか。先ずは沖縄の方々と連帯をすべきであろう。

5 そこで、根室市議会の名で「根室市民は万感の思いをこめて沖縄の皆さんの基地撤去運動に連帯の意思を表明します」と「連帯メッセージ」を送られては如何ですか。「日本の北東端」から「日本の南西端」への「連帯メッセージ」は、「返還の悲願」と「基地の危険」を他人事のように思っている日本の人々に届くでしょう。世界の人々の共感を得ることにもなるでしょう。そして、根室市民と根室市議会の評価を高めることにもなるでありましょう、と述べた。

6 「賛同の気配」が「一期一会の場」に広がり始めた。「メッセージの文案を書いてくれませんか」と発言する議員もいた。
 だが、短い時間でその「賛同の気配」は消失した。議員の方々は平素の現状維持的安定の常識的感覚に立ち戻った。 現状を越えるには、一歩踏み出し自身の壁を突き破らなくてはならないのだけれども……
「心に響いたもの」が誕生する「歴史的場面」は去った。